FC2ブログ
沖縄の南に台風が2つあって、それが前線を刺激しているようで今日は朝から大荒れの天気です
気温も一気に下がって肌寒くて日中も薄暗い状態です

台風の進路からすると、しばらくこのような荒れた天気は続くようです。
次のツアーには何とか天気も持ち直してほしいです。

天気が悪いときは、紅型染め体験もありますので、ぜひ声をかけてくださいね。
11月16日~21日まで九州に帰省していました。また、その後の3連休はツアーも続いたので今日やっと先週の時間を反芻してるところです

福岡に帰ったその足で、ゆっくり温泉に浸かって夏の疲れを取ろうと、大分の湯布院まで行ってきました

ちょうどその日あたりから寒くなって、2日目の朝は氷点下まで気温が下がって寒かったけれど、紅葉が見事で、ほんとうに自然の美しさに感動する時間でした
由布岳


狭霧台


由布院の紅葉


実は6年以上旅行らしい旅行はまったくしていなくて(県外に出るのはテストとか帰省だけ)、今回は本当に久しぶりの旅行でした。やっと旅行できるくらい仕事も軌道に乗ったといったほうがいいのかな

だからこそ行ったことのない遠くの地ではなくて、かつて自分が住んでいた地域の自然や文化、街並みや風土、原風景などを再認識してみたくなって九州を旅してみました。

今回の旅で気づいたのは、沖縄も素晴らしいけど、本土もなんて素晴らしいんだろうということ。それは由布院だけでなく、福岡の普通の街の中であっても、地元の人が普通に目に留めることもなく通り過ぎていくような場所にも、外から来た人にとってはとても珍しく新鮮で、心惹かれる景色や感心するものが多くありました。
当たり前になると見えなくても、そうじゃなくなったときに気づくものってあるんだなと、自分はこんなところに住んでいたんだなと、改めて思えました。
また、日本の里山の風景の素晴らしさ。本土の人は不便なただの田舎と思うような場所には、四季の彩りや、生活の知恵によって生み出されたさまざまな手法がちりばめられていて、そこに順応した生き物たちも含めて、日本の原風景を感じて、見ているだけで自然と心が落ち着いていくのが自分でも分かりました。

そして、今の仕事をしているからこそ気づくことや思い出されることもありました。今回、モンパの木を始めて、初めてお客さんを迎える側から迎えてもらう側になったのですが、それがすごく新鮮でした。

旅の途中途中で、お店の方や出会った方のちょっとした心遣いがすごく嬉しくて、それが今でも思い返すと心をポっと暖かくしてくれます。「あぁ、自分がされて嬉しいことは人にしてあげてもきっと嬉しいんだ」って、当たり前だけど感じて、これは自分もお客さんを案内する中はもちろんのこと、日常生活でも大事にしないといけないなと感じました。

今回の由布院の滞在は2泊3日。本当に限られた時間でした。でも本当に充実して楽しい時間を過ごすことができて、帰りたくない気持ちでいっぱいになりました。
沖縄に旅行で来ていた頃、この気持ちはいつも帰るときが近づいてくると強くなって、飛行機が飛び立ったときに窓から綺麗な海や、旅で立ち寄ったであろう場所が見えたりしたとき、旅で過ごした時間や風景、出会った人の笑顔なんかがたくさん浮かんできて、涙が出てくることもよくありました。沖縄にはまってしまった人なら分かると思いますが、楽しかった分だけ、とても切ないんですよね。今回は旅することで久しぶりにあの気持ちになりました。

そんないろんなことに気づいたり思い出したりしたとき、自分はなんて素晴らしい仕事に出逢うことができたんだろうと感じ、もっともっとお客さんを大事にしてずっと心に残る時間を作ってあげたいと思いました。
旅行という限られた時間なのに、その時間をモンパの木のような小さなお店のツアーに充てて頂けるということ、もしかしたらその方にとって、その沖縄旅行は一生で一度かもしれないのに、しかもその中の唯一の丸一日の時間であるかもしれないのに、その時間を自分に預けて頂けるということは、なんて有難い事なんだろうと、自分が旅する側に立つことで気づきました。

これからこの仕事を身体が動く限り続けていきたいですが、その気持ちだけは忘れないようにしたいです。一生に1度の沖縄旅行の方であっても、何度も訪れる方であっても、沖縄での楽しい思い出と一緒に心になにか優しい暖かさも添えてあげれるようなガイドを目指します。

今回の旅行はたくさんの気づきや思い出されることが多いものでした。
また来年もそんな旅行がしたいです。
明日から21日まではモンパの木はお休みします。といっても今の時期はオフシーズンなので毎日のんびりなのですが(笑)

次回のツアーの空きは25日以降になりますのでよろしくお願いします。

窓の外から聴こえてくる蝉の声も日に日に小さくなってきました。沖縄も少しずつ季節が移ってきています

PB130013.jpg

そろそろツワブキの花も咲き始めました
今月からモンパの木の文化体験部門「紅型キジムナー」では土日祝日に限り本部町の山の中にある工房兼ショップでの紅型染め体験を開始しました。
昨日は滝の探検のお客さんが午後に紅型体験をされる予定だったので、僕も久しぶりに店の様子を確認がてら見に行きました。
今日はその紹介です。
紅型キジムナーの本部工房は、本部富士やデーサンダームイなどの円錐カルストの山々が見下ろす小高い丘にある、山乃里庵の一角にあります。


diwsd.jpg

ブーゲンビリアと白壁の間の階段を登って行くと工房があります。

dewx.jpg

敷地内には漆喰シーサー工房もあるので、いたるところに個性豊かなシーサーがいます。

piodk.jpg

こちらが工房です。蔵をイメージした面白いつくりです。中には囲炉裏もありますよ。この敷地内はとてもユニークな建物やオブジェが多く、見ていて飽きません。

dhis.jpg

工房内は、体験スペースと販売スペースがあります。写真は販売スペースです。コーナーの一角には自然体験モンパの木コーナーもあって、僕がデザインしたやんばる紅型シリーズのグッズやバードコールなどを購入することができます。
ただ、昨日チェックしたところ、蔵という構造上まだ照明が暗いので改善の余地ありです。今後もっとグレードアップさせていきます。

jieow.jpg

紅型染め体験は工房内でもできますが、暖かく天気がいい日には写真のようにテラスで海を眺めつつ紅型染め体験も可能です。眼下に本部の町と海が広がる、森に包まれた丘のテラスは天空のテラスと言えるような雰囲気です。

kixop.jpg

このような眺望のスポットやカフェはほとんどが有名になりすぎて、お客さんがいっぱいでにぎやか過ぎる感じですが、ここはそんなことはないので風の音や自然の生き物たちの声などを感じながら過ごすことができます。

工房隣にはカフェ眞多里(まったり)があり、染付け体験後は海を眺めながら正に「まったり」とすごす事もできます。ただし、カフェ本体もまったりなので空いていない日もあります。そんなときは是非山乃里庵の敷地内を散策してみてください。骨董のお店でもあるので実にたくさんのグッズを目にすることもでき、沖縄の他の場所にはないようなとても楽しい空間になっています。

ただし、最初に書いたとおりこちら本部町では紅型キジムナーは土日祝日しか営業しておりません。平日は名護アトリエ(モンパの木事務所となり)での体験や販売となります。

まだまだオープン間もないのと少ない資金で一歩ずつ進めているので本部工房の設備はこれからといった感じですが、沖縄北部にお越しの方は是非立ち寄ってみてください。瀬底島や水族館も近いので寄り道感覚で是非どうぞ。

【紅型キジムナー本部ギャラリー】
オープン:土、日、祝祭日(平日は閉めています)

時間:10時~17時(紅型染め体験メニューが名護で入っている場合は開いていない場合もあります)

住所:沖縄県国頭郡本部町字山里461
地図
先日、とある山に登ってきました。
いつもならこの時期は割と乾燥してカラッとした空気に森は包まれていますが、このごろ雨が多かった分湿度がとても高くてまるで梅雨のようでした。
でも風が抜ける場所に出ると、やはり風は秋の風で一気にクールダウンできてとても心地よかったです。

鳥類、両生類、爬虫類、昆虫、その他・・・温かかったせいかとてもたくさんの生き物に出会うことができました。

リュウキュウアサギマダラ

涼しいまだら模様が綺麗なリュウキュウアサギマダラ。これよりも一回り大きくて本土から渡ってきたアサギマダラと共にたくさん出会いました

キノボリトカゲ

このキノボリトカゲは木にとまっている状態でなでても逃げなかったのでかなり接写で撮ってみました。よく見ると、瞳に僕が映っているのまでわかります。


オオムカデ

最後にちょっと強烈なのですが、この山で出会った中で一番インパクトがあったやつを載せておきます。このオオムカデは、僕が今まで見た中で最高にでかい規格外のムカデでした。
下山直前に10メートルくらい離れた木の幹をうねうねと登る姿を発見してすぐにムカデと分かったけれど、あまりの巨大さに一瞬ムカデかどうか疑ってしまいました。ちょっとした蛇のように長かったですが10メートルくらい先でもたくさんの足が動くのが確認できたので近寄ってみると、超ド迫力のムカデでしたよ。

この写真は人差し指を比較に出してますが、近寄ったときにはすでに木の上のほうに登っていたことと、あまりの迫力に指をすぐ横にもって行くこともできなかったので、ムカデよりも20~25センチほど手前に指があります。実際のところは体の幅は人差し指の幅くらいで、両足まであわせると指2本半ほど。全長は少なくとも25センチはあったでしょう。
長さ的には世界最大級といってもいいクラスだと思います。

ムカデは割とすばやく足を動かしてちょろちょろと動く姿を良く見ますが、この固体はまるでヤスデのように悠々とゆったりと歩いていました。その脚の動きは、巨大な分、この手の生き物が苦手な人は気絶してしまいそうなほどのものでしたが、よく見ると実に芸術的というか正確緻密で、まるで創造上の生き物のようでした。
でも棒でつつくなどちょっかいを出しでもして本来のムカデのようにすごいスピードになったらと思うとさすがに恐ろしいので、そっと立ち去りました。

森や山には何度も何度も入っていますが、この日はものすごく森全体がの気配というか命の存在力みたいなものを体中で感じました。いよいよキジムナーが出てくるのかとさえ感じるほどでした。
それは森という、無数の命の糸で編み上げられて作られた空間に身をおいたからなのかもしれません。
11月になって、しばらく沖縄は天気も不安定で強い風が吹き続けています。先週までが暖かかった分、先週との気温差以上に寒く感じます。
これからしばらくは晴れ間が少ないみたいですが、観光でこられる皆さんのためにも何とか時々は晴れて欲しいものです。

ただ涼しくなった分、沖縄にいても暖かいものが自然と食べたくなってきました。冷たい風が吹いて天気がいまいちの日には食欲の秋モードに切り替えておいしいものでも食べましょう!

ということで、今日は名護の宮里そばを紹介します。これまでお客さんには紹介し続けていたのですが、ブログには載せていなかったようなのであらためて紹介です。

so1.jpg

21世紀の森公園近く、国道58号線から一本入ったところにあります。名護ではもちろん、沖縄でも有名なお店のひとつです。観光ガイドブックに頻繁に載っているお店は観光客の方の割合が高いことが多いですが、こちらはより地元率が高く、お昼時はとても賑わっています。といっても席数も多いので、割とスムーズに席に着くことができます。
席を取って食券を買っておばちゃんに渡しましょう。

071101_1221~0002.jpg


写真はソーキそば:500円、三枚肉そば(小):300円、トースト:100円です。
そばには昆布がのっていて、柔らかくてとてもおいしいです。スープも鰹ベースで、しつこくなくて食欲をそそる風味を味わいながら最後まで楽しむことができます。麺、スープ、具といったそれぞれにおいて那覇のお店とはまた違った楽しみ方ができるので、沖縄そばはまだ那覇でしか食べたことがないといった方は北部にいらした際は是非名護のそばも食べてみてくださいね。
風が強い沖縄の秋冬にこのそばを食べるとあったまりますよ

それと、実はここのトーストもおいしいです。食パンにバターを塗って焼いただけと思われるシンプルなトーストなのですが、これがそばと合うのか、自分の家で食べるよりもずっとおいしく感じます。一度お試しあれ。
その他、カレーやスパゲティなどもメニューにあって、どれも子供の頃食べた懐かしい味です。最近の小洒落たお店では食べることができないメニューです。

このお店も割り箸ですので、マイ箸を持っていくとベターです。

【宮里そば】
住所:沖縄県名護市宮里1-27-2
TEL:0980-54-1444
営業時間:10時~売切れまで
定休日:不定休
駐車場:有

地図
プロフィール

Ryu

  • Author:Ryu
  • みなさんも、この島の海や森、そしてこの町に遊びにいらしてくださいね
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
月別アーカイブ
Facebook
Nature tour Monpanoki & Bingata Kijimuna

ブログとはまた違った情報も配信中!「いいね!」を押して最新情報をゲット!

オススメグッズ・サイト

紅型キジムナー
Ryuデザインの手染め雑貨もたくさんあります



自然体験モンパの木オリジナルTシャツ
プリントTシャツになって復活しました。サイズ、カラーも豊富です。



沖縄美ら島カード

紅型キジムナーのデザインが選べる、沖縄バージョンのカード




モンパの木から徒歩2分にあるコンドミニアム






ポイントを貯めて沖縄旅行を安く身近にできるカード

地球にみんなに元気を
QRコード
QR